赤ちゃん 牛乳と離乳食

MENU

赤ちゃんの離乳食材としての牛乳

赤ちゃんの月齢が進むと、ハイハイからつかまり立ちなど、

 

どんどん活発な行動に移っていきますから、

 

栄養も、ミルクだけでは賄えなくなって離乳食が始まります。

 

 

 

赤ちゃんの離乳食が始まる時期の目安は、

 

おおよそ生後9か月から11か月頃。

 

食材の一番手が、用途の豊富な牛乳です。

 

牛乳の主成分といえるのが、カルシュームとタンパク質ですから、

 

離乳食材として申し分ありません。

 

 

 

市販ものでは、高温殺菌の牛乳と低温殺菌の牛乳があり、

 

パッケージの表示でわかります。

 

 

 

高温殺菌の牛乳は、有益な菌も殺菌されたりします。

 

その点では、長時間殺菌による低温殺菌牛乳では、

 

乳酸菌などの有益菌は失われないので、

 

赤ちゃんの離乳食に適した牛乳は、低温殺菌の牛乳と言えますね。