赤ちゃん 牛乳 種類

MENU

赤ちゃんの牛乳 | おすすめの時期&種類は、やっぱりこれ!

牛乳の種類は沢山。赤ちゃんにはどの種類?

 

赤ちゃんは毎日毎日、変化を見せて大きく育っていきますね。

 

生後9か月を迎えれば、ミルクだけでは到底間に合わなくなります。

 

 

 

一般的には離乳食が始まるころから、ミルクと牛乳を併用して、

 

だんだんにミルクを卒業していくことになります。

 

スーパーでのざっと見でも、牛乳の種類は多いし、

 

どの種類が赤ちゃんにも適している牛乳なのか、思案するところですね。

 

 

 

 

 

乳飲料は、食事にはならないので、まず外します。

 

 

 

よく見る種類では、

 

無調整牛乳はそのままの牛乳、

 

調整牛乳は乳脂肪を強化した牛乳、

 

ローファットはその名の通り、乳脂肪量を少なくした牛乳、

 

などがあります。

 

 

 

赤ちゃんには、クセのない無難な普通の無調整牛乳から

 

始めるのがいいようです。

 

 

赤ちゃんに、牛乳がおすすめの時期

 

ほとんど眠っているだけの赤ちゃんの発育スピードは、日替わり状態。

 

9か月にもなると、ミルクだけでは栄養が追いつきません。

 

そこで、病院からおすすめされるのが離乳食です。

 

 

 

最初に考えられるのが牛乳。

 

体験していないアレルギーへの不安から、

 

容易に移行できずにいるお母さんも多いようです。

 

 

 

それでも、ミルクの赤ちゃん場合、

 

ミルクから牛乳への間に、おすすめの素材でワンステップをはさみ、

 

牛乳に移行できるようですが、

 

母乳の赤ちゃんの場合、

 

そのタイミングを逸してしまう場合があるようです。

 

 

 

月齢に適したおすすめ素材であっても、

 

成長に沿って、他の食材を体に順応させていくことも必要。

 

 

 

急ぐ必要はありませんが、

 

おすすめは、アレルギーに注意を払いながら、

 

少しずつ牛乳にも慣れていくことですね。