赤ちゃん 牛乳アレルギー

MENU

赤ちゃんの 牛乳アレルギーについて

赤ちゃんには食べ物アレルギーを持っている場合が多いですが、
卵アレルギーに比べて、赤ちゃんの牛乳アレルギーに関しては、
まだまだ知らない人が多いです。

 

まずは牛乳を飲む前だけではなく、
離乳食を始める前に、血液検査を行って調べてみる事が大切です。

 

赤ちゃんの牛乳アレルギーは、
成長とともに治る場合が殆どですが、
シッカリと医師の指示通りに進めていかなくては、
逆に赤ちゃんの牛乳アレルギーを悪化させてしまう事になってしまいます。

 

小学校の低学年までには、
殆どの場合が症状が緩和され、牛乳を使った料理も食べる事が出来る様になっています。

 

症状の出方には個人差があるために、
牛乳を飲んだ後に体に湿疹が出てしまったり、
機嫌が悪くなる時には、一度受診して検査をしてみましょう。

 

赤ちゃんと牛乳。アレルギーの心配は?

 

赤ちゃんは成長とともに、

 

ミルクだけの栄養では足りなくなります。

 

大人の食事への第一歩が離乳食期で、

 

ミルクから牛乳への移行も、その中の一つです。

 

 

 

そこで、お母さんが一番心配するのが、牛乳によるアレルギー。

 

牛乳は出来るだけ遅く始めたいと、するお母さん達が多いです。

 

 

 

赤ちゃんをリスクから遠ざけるために

 

アレルギーが出やすいとされている特定の食材を

 

離乳食から排除することで、アレルギーを発症させない、

 

とする古くからの考え方があり、

 

牛乳はその中の筆頭になっています。

 

 

 

しかし、赤ちゃんの体質は個々に違います。

 

思惑通りではないのが食物アレルギー。

 

 

 

現在、離乳食時期には、

 

必要な食材を排除することなく使うとする傾向が主流です。

 

 

 

食してみないと分らないのが、赤ちゃんの食物アレルギーです。

 

少しずつ新しい食材を経験させていくのも、

 

成長の過程に必要な、一助だとされています。