赤ちゃん 牛乳で下痢

MENU

赤ちゃんが牛乳で下痢をしてしまったら

赤ちゃんが牛乳で下痢をしてしまったという事って、
一度は経験したことがあえる人が結構います。

 

牛乳は1才を過ぎてからあげるようにと、
小児科で指導されることもありますが、
普段飲んでもその時の体調によって、
赤ちゃんが牛乳で下痢をしてしまうという事もあります。

 

その為に体調がすぐれないときには、
出来るだけ赤ちゃんには牛乳を飲ませないことをお勧めします。

 

赤ちゃんが牛乳で下痢をすることが多い場合には、
牛乳アレルギーを持っている可能性があるために、
一度血液検査をしてもらうという事を薦めします。

 

乳児期はどうしても便が柔らかくなりやすいので、
多少柔いくらいであれば心配はありません。

 

下痢をしている時に牛乳を飲ませる事は控えましょう。

 

 

牛乳成分による赤ちゃんの下痢

 

赤ちゃんのミルクが少しずつ牛乳などに置き換えていくのは、

 

離乳食の頃がきっかけになります。

 

 

 

離乳食期の赤ちゃんの下痢は、本当に心配なものです。

 

離乳食に牛乳を使うこともありますから、

 

ミルクアレルギーでは!

 

と思い込んだりします。

 

 

 

ミルクアレルギーは、牛乳タンパクに反応してしまう体質を持って

 

産まれてくる赤ちゃんに表れるもので、

 

早い時期から下痢・血便・発疹などの症状があると言われています。

 

 

 

離乳食期に表れる似た症状は、

 

二次性乳糖不耐症と言われるものの可能性が高いようです。

 

 

 

離乳食材の牛乳が問題というよりも、

 

その時の赤ちゃんの体調の不具合や

 

離乳食の中身を早め過ぎたことから起こる

 

消化不良による下痢だったりすることが多いようです。

 

 

 

自己判断で対処することなく、

 

まず、お医者さんと相談してからの対処が望ましいです。